うつ病でド安定の公務員を辞めてしまい、底辺におちてしまった54歳『つるじろう』の日記。

毎日、癒やされてる。

公開日: コメントなし

猫を見てる(愛でている)と心がおちつく。

なんか、いろいろと悩んでるのがアホらしくなってくる。

彼&彼女たちは本能だけで生きているのに、なぜあんなに愛くるしいんだろう?

 

幸せになりたければねこと暮らしなさい』という本があるが、まさにそのとおりだと思う。

 

つるじろうが寝ている時に、時々ふとんの中に入ってきたりすることがあるが、そんなときは

こんなオレでも寄りそってきてくれるんだ♪

とうれしくなってしまい、どんなに眠くても、ふとんから出ていくまで、なでてあげたりしている。

地の底まで落ちているつるじろうの自尊心を高めてくれる数少ない貴重な存在である。

愚痴もいやがらずに、聞いてくれる。

つるじろうの精神の安定のためには欠かすことのできない2匹だ。

まさしく、ペットセラピーである。

 

そんじゃあ、また(`・ω・´)ゞ


底辺&貧乏のつるじろうに応援のクリックを!!!
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。