うつ病でド安定の公務員を辞めてしまい、底辺におちてしまった54歳『つるじろう』の日記。
つるじろう近影@中田島砂丘

生まれたのは、高度経済成長とビートルズの来日で日本中が異様に盛り上がっていた1966年(昭和41年)。

地元の普通レベルの普通高校を卒業後、これまた偏差値50ぐらいの名古屋の私立大学に。

いってもいかなくてもいいような大学に通わせてくれた、それほど給料がよかったわけではない郵便配達員のオヤジに感謝。

どうしようもないただれた4年間(授業にはほとんど行かず、バイトとパチンコに明け暮れる毎日w)を過ごした後、新卒で名古屋のコンピュータ会社に入るも、大学時代のうわっついた気分から抜けきることができずに、わずか一年で退社。

そして、バブルの名残りの大量採用のドサクサにまぎれて、公務員に転職。

そのまま定年まで無事勤め上げれば人生勝ち組だったのかもしれんが、2012年にうつ病発症で、公務員を辞めることに。

 

辞めると同時に、うつ病が完治していないのに、アフィリエイトで生計を立てようと無謀にも会社設立するが、まったくうまくいかず、2016年に会社は解散。

売上ほぼゼロの赤字垂れ流しの会社だった。。。

この間、うつ病はよくなったり悪くなったりを繰り返す。

ひどいときには、

まあ、明日ぐらいに死んじまってもいいか


状態にも。。。

 

それでもクスリのおかげでなんとか持ち直してきたタイミング(2017年9月)で非正規社員として地元の清掃会社で働きはじめて、現在に至る。

今の清掃会社の給料は、日給8,000円の週5出勤で年収にすると200万円弱。

ずばり底辺労働。

給与明細を見るたびに、

もしも公務員を辞めてなかったら…


みたいなことを考えたりするが、今更どうなるわけでもなく、悲しくなるだけだったりする。

 

そんなつるじろうの年齢は54歳(2020年12月現在)。

残りの人生があと何年あるかはわからないが、世間一般で言われる幸せとの比較だけはしないで、底辺&貧乏なりの楽しみを見つけつつ、ひっそりとお気楽に生きていくのが今現在の目標。

 

よろしくっす(`・ω・´)ゞ


底辺&貧乏のつるじろうに応援のクリックを!!!
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

コメント一覧

  1. はじめまして。同じ1966生まれオヤジです。
    自分は福島に住んで既婚ですが、仕事上手く行かず貧乏です。
    楽しく読んでます。

    • つるじろう

      ケンゾーさん、どうも。

      丙午生まれ同士、貧乏でもお気楽にボチボチと生き抜いてやりましょう!

      30年前ぐらいに福島に観光で行きました(会津若松城、猪苗代湖等々)。
      喜多方ラーメンが美味かったなあ~♪

      また、どうぞ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。